ジャズギターにオススメのピック3選

ジャズギターの音色にピックはかなり影響があると思います。

僕自身も100円の物から高額な物までかなりの数のピックを使用してきました。

その中でオススメなピックを紹介していきたいと思います。

ピックの厚さ

オススメのピックを紹介する前に、厚さについて話したいと思います。

基本的には1mm以上のある程度厚みのあるピックを使うのが定番です。

しかし0.5mmほどの薄いピックを使ってる方も多々います。

どちらが正しいとかはなく好みの問題で、どっちの方が自分の思う理想のサウンドか実際に試す必要があります。

薄いと音が細くなりがちですが、薄いピック独特の生鳴り感があります。

ギターを掻き鳴らすのが好きな方は薄いピックが向いているかも知れません。

またPat Methenyみたいに薄いピックで丸い所を使って弾くとか、Jim Hallみたいにピックは薄いけど楽器のトーンを絞って丸いサウンドを出すとか工夫次第で人と違うサウンドを出すことが出来ます。

僕はある程度太いピックの方が好みです。

ピックの材質


厚さが同じでも材質によってサウンドが全く違います。
かなり種類がありますが絞って紹介します。

セルロイド

DBC73F6A 52FC 40B9 81C3 96B948AE11C2
ジャズギターにオススメのピック3選 18



ピックの大定番な材質です。
オールジャンルのギタリストが使用しています。

フルアコに使うとアコースティック感が増して、ポップスとかに合いそうなブライトで箱鳴りのあるサウンドになります。

ロックを弾いてた時はかなりお世話になりましたが、ジャズを演奏する時は使わないかなっていう個人的な感想です。

あとピックの消耗が早いです。。。

ウルテム

B7250232 603E 4F76 97A4 AD54AE5755EB
ジャズギターにオススメのピック3選 19



人の爪に似ている材質だとよく言われています。

握った感じも滑りにくくバランスのいいピックです。

体感ですがロックギタリストは使用者が多くて、ジャズギタリストは使用者が少ないと感じます。

ハマる人にはかなりハマる印象で、ウルテムしか弾かないというギタリストは何人も見てきました。

僕はハマりませんでした。。。

ナイロン

338D8EE0 57B7 49AD 8E49 07BC6E3AA976
ジャズギターにオススメのピック3選 20


ビニール感と言うか独特の弾き心地がします。(個人の感想)

柔らかくて温かいサウンドのイメージです。

大人気ピックであるJazzⅢもナイロンの素材です。

ジャンル問わず使えてジャズでも使用してる方が多いです。

ポリアセタール

DA9EFBA2 8CFA 47FB A975 AC40C99E4BE3
ジャズギターにオススメのピック3選 21

僕の大好きな材質です。
メインで長年使っているピックもポリアセタールのピックです。(後で紹介します。)

特徴はかなりバランスがよくクセがないのが特徴です。
また削れにくいのでコスパもいいです。

僕は演奏する時ジャンル毎に厚みの違うピックを使っているのですが、材質は全てポリアセタールのピックを使っています。

それ以外も沢山材質はありますが、個人的にはこの中で選んだらいいかなと思っています。

これらを踏まえた上で、次はオススメのピックの紹介したいと思います。

FERNANDES SQUARE EDGE 1.50mm

サウンドハウス サウンドハウス

僕がメインで使用しているピックです。
正直誰も使ってる人を見たことがないのですが、僕はこのピック以外考えれないくらい好みです。

スクエアエッジという名前の通り先端が尖っているので、1.5mmと思えないくらい音が細いです。

おそらくメタルとか歪ませて低音弦を刻む音楽で使うように作られたピックだと思うのですが、僕はこの先端を紙ヤスリで削って使用しています。

FBCEAAAF B7A7 4E95 BA66 4FD917A911D4
ジャズギターにオススメのピック3選 22


紙ヤスリで先端を削ることで弦と当たる面積を増やし、元々尖って細かった音を太くしています。

また斜め向きに削っているので、順アングル気味に弾いても並行アングルっぽい音がします。

これが僕の好みのサウンドになってる要因の1つだと思います。

騙されたと思って1度試してみてください。

JIM DUNLOP ROCKⅢ

サウンドハウス サウンドハウス

JazzⅢは皆さんご存知だと思うのですが、今回オススメするのはROCKⅢです。

JazzⅢとRockⅢは名前を逆にしたらいいのにと個人的には思っています。。。笑

JazzⅢとの違いは何かというとエッジ部分に傾斜があるかどうかです。

もうお気づきな方もいるかと思いますが、僕は傾斜のあるピックが好きです。笑

元々JazzⅢを使ってる時期があってある時からFERNANDESのSQUARE EDGEに変更したのですが、JazzⅢに傾斜がついてるものがあると知り、即試しました。

感想としてはJazzⅢは新品時バリが残っているのと先が尖っている分、音が細いと感じたりブライトと感じるのがあったのですが、RockⅢはバリはあるもののある程度使った後のJazzⅢ感があり、個人的には好みでした。

JazzⅢを普段使ってるけど他のピックも試してみたいという方は是非試してみてはいかがでしょうか?

JIM DUNLOP JAZZ III 

サウンドハウス サウンドハウス

これだけRockⅢのところで話しといてJazzⅢかよと思う方もいると思いますが、これは仕方ありません。。。笑

オススメのピックを3つに絞るとなるとこうなってしまいます。

それくらい間違いないピックです。

個人的な趣味や好みでは上記でオススメした2つの方が好みですが、周りのミュージシャンを見ると圧倒的にJAZZⅢを使用してる方が多いです。

なので自分中で好みのサウンドがまだ分からない方や、どんなピックを使えばいいか分からない方にはこれを買えば間違いないです。

またJAZZⅢを使ったら下手になるとか耳にした事もありますが、そんなことは全くないと思います。

ジャズピックは全体的にサイズが小さいので、そこが苦手で使っていない方も多いと思います。

そういう方には材質は同じでXLサイズというティアドロップと同じくらいのサイズのピックがあります。

サウンドハウス サウンドハウス

他にもBlue Chip、RED Bear Pick等高級なピックもありますが、個人的には上の3つのピックで十分だと思います。

自分に合うピックを1枚ずつ試していく作業も楽しいですし、紹介したピックに限らず自分のお気に入りのピックが見つかるまで是非試してみてください。